不安症になって辞めたこと、始めたこと

うぉるなっつです。読みづらいところもあるかと思いますが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

あまり自分と向き合いたくないことにあえて向き合って元気になる。そう決めてここに書きます。

「私が不安症になって6年が経ちました。」

と思っていたが、実は12年前から不安症と闘っていたことを私は最近知った。

私は病院で病名を告げられて、かなりショックだったのかその時ことを忘れている。

どうして最近知ったのか?

それは、障害年金の申請手続きを始めたからだ。

この手続きは本当に辛い。

辛いことを思い出しながら書類を作らなければいけない。んじゃ申請するなと言いたくなるだろう。私はあえてそれに向き合いたい。

手続きの先の明るい希望に目を向ければ大丈夫大丈夫、そう言い聞かせているから私は大丈夫。たとえ申請がうまくいかなくてもそれでいいと思っている。

さて、不安症になって辞めたこと、始めたことについて書く。

不安と言えば、いろんな不安がある。

将来への不安、目の前の不安、明日の不安。

私は将来への不安だ。

まず、辞めたことは将来のことを考えないようにした。

私はまだ実家暮らしで、結婚もしていない。だから世間を気にして早く家を出ないと!結婚もしなきゃ!あーどうしよう・・・どうしよう・・・と思っていた。

そんなに焦って家を出て、結婚もして、後で親を不安にさせてしまうのなら、元も子もない。

今の自分にフォーカスすると冷静な自分ではない。いつかこの不安な時を乗り越えて冷静な自分になって幸せになりたい。あ、前向きな自分がいた!今気づいた。私は幸せになりたいんだ!だから、今が不安なんだね、やっとわかった!

もう一つ辞めたことは、コーヒーを飲まなくなった。コーヒーは不安になる作用があるとネットで検索してわかった。

次に始めたことは、コーヒーをハーブティーに変えた。ミントティ、カモミールティを寝る前に飲むようにしたら不安は出てこなくなった。

もう一つ始めたことは、元気だった頃の自分が何を食べて何をやっていたのかを振り返って、その時のことをまたやり始めた。

朝は、フルーツグラノーラにコーヒーではない飲み物、パン。趣味をダーツにして家にダーツボードを設置。元気だった頃の光景を頭にイメージ。

これで今は試しているところなので不安が出るか出ないか分からないけど、この生活を続けてみる。

経過はまた次回ブログで。

読んでくださりありがとうございます。

今思うこと|コロナと不安障害

2月下旬から急に変化した。

色に例えると、黄色から黒色へ。

私は、不安障害。

今の気持ちを言うのなら、笑いが出るほど不安だ。

テレビを付けると「コロナ」

この三文字を聞くと、瞬時にテレビのリモコンに手がのびて電源を切りたい気持ちになる。

もうテレビを見ないように避ける。

この避けるは、一種の自分を助ける手段だ。

だってテレビ意外に家でできることってあるでしょ?

本読んだり、勉強したり、家の片付けだったり。

今までやっていたことなんてやらなくても充分生活できる。

今まで贅沢してきたと思う。

私は親と猫と暮らしている。

猫の様子見てよ。

猫って、趣味はおもちゃ遊び、その他は餌と水とあったか布団だけで生活しているよ。

猫がお酒を飲んだり、パチンコに行ってるの見たことある?

ないでしょ?別にお酒やパチンコが悪いとは言ってない。

「なくても」ちゃんと生活できることを言いたい。

猫って。。。というか動物って素敵だなと思う。

私も猫のような人間になりたいと思う。

そう思えるのは不安障害になってからだ。

今までいろんなモノを求めることが多かったからこれからは今あるモノに目を向けて猫のような人間を目指したい、今日の朝である。

最後まで読んでくれてありがとう。

ココロとカラダのバランスを崩して①

体の異変

あれは4年前。

私の体に異変を感じた。

耳鳴り、鼻血、朝がきつい、夜は体がガチガチ、頭がぐわんぐわんと揺れる感じ、平衡感覚がおかしい、木目が目に見える。

体はきついのに頭の中では

「働け!もっと頑張れ!何をやってる!」

「叫べ!もっと叫べ!天まで叫べ!」

と言うんです。

 

何者かに命令されているという変な感じ・・・

今までそんなこと感じたことありません。

 

この経験したことのない体の異変から

仕事に行けなくなり、人と会うのも辛い、涙が止まらない、過呼吸で仕事を休みようになり、

自分の意思で精神科へ。カウンセリングと診察。

それに名前が付いた。

「恐怖症性不安障害」

ん・・・よくわからない。

たとえそれが付いたとしてもきつい・眠れないは変わらないのだから。

 

それから4年が経つ。

以前より楽になった気がする。

今はあちこちに出かけられるようになったし、人と話せるようになったし。

これで良かったんだ!!

 

私、実は小さい頃から体のちょっとした痛みで内科に言っていました。

小さい時ってよくわからないからね、

今思えばあの頃に精神科に行ってたらもっと人生を早くから楽しめたんじゃないかなと思っています。

 

でも、今からでも遅くないよね?

これから自分、楽しもうね!

自分、ありがとう!

 

 

もし、私と同じような経験がある方は以下のコメント欄よりコメントください。

お待ちしております。

うぉるなっつ

 

★初★ 猫 譲渡会 へ 参加

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

 

さて、2019年初の猫譲渡会が1月6日に「黄色い猫じゃら」さんのご自宅で行われました。

私は、今まで見学する側でした。

なので、見学する側の気持ちは分かっていて、すぐ決まることは難しいと分かっていました。

今回は、思わぬ強敵が・・・現れたんです・・・!!!

譲渡会06

んーこれにはまいりましたーーーーー笑

 

今回の反省点は、第一印象のことを考えずに宣伝用パネルに力を入れて、うちの保護猫の飾り物のことを考えていなかったところでしょうか。

譲渡会終了後、本人(保護猫)は、今回の譲渡会について反省しておりました。

譲渡会03

↑「ん〜オレの声、可愛いところに惚れる人はいないのかにゃー?」

 

譲渡会04

↑「おい!今、1人で考え事してたんだから、邪魔するんじゃニャい!!」

はい・・ごめんなさい・・・

 

その翌日・・・

譲渡会05

気持ちよく寝てたので、心の中で爆笑しながらこっそり撮影した保護主でした。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では、またね〜👋

猫 + DIY + 空き家 = 猫の快適空間へ。

今日は、道の駅くるめにて行われていました、犬・猫譲渡会。

ハチワレ・黒猫・キジなど様々な猫たちが、幸せを夢に飼い主となる方を待っていました。

猫たち、幸せになるといいね。

私も力になれることがあったら力になりたい。

そんな思いを形にして、不幸になる猫を救うために、考えました。

「空き家利用保護猫部屋」

正直、やってみないと分かりません。

何から手をつけたらいいのかも分かりません。

ひとまず、空き家を利用するなら猫仕様にしなければ猫が喜んでくれないでしょう。

なので、最近、DIYのイベントに積極的に参加して、お話を聞いています。

今日も久留米市櫛原駅すぐ側の半田ビルのガーデンにて行われた

「ガーデンファニチャー作りDIY+BBQ」に参加してきました。

どれくらい費用がかかるのか?

何が必要なのか?

プロの事例を見て、なんとなく自分の頭の中でどんな部屋にしたいのか?イメージして

私の夢…ではなく、猫が快適に短期間でも過ごせる環境を作っていきたいと考えています。

もし、この記事を読んでくださった方の中で、「応援したい」ではなくて、一緒に保護部屋を作りたい方がいましたら、コメント下さい。

一緒に試行錯誤しながら、いい物を作りたいです。

アナタはどうして猫が嫌いなの?

過去に何があったかなんとなく分かります。

だいたい猫嫌いな人は、こう言います。

「家具を引っ掻くから」

「尿スプレーされるのが嫌」

「歳取って病気になって療養費がかかる」

「食事中にテーブルに乗るのが嫌」

「高い所に乗ってヒヤヒヤする」

「小さいうちは可愛かったけど・・・」

これ、すべて言い訳に聞こえるし、過去に囚われすぎてると思います。

今は、ペット用品開発が進んでいるので、上記のようなことに悩まされることは少ないでしょう。

飼い主の飼い方次第で、猫は変わります。

私から飼い方のオススメします!

これで猫を好きになるか、もっと嫌いになるかはアナタ次第です。

まず、猫の特性を勉強してほしいです。

図書館や書店に行けばずらりとカワイイ写真集から飼い方の本があります。

そして、本を読んだら、猫カフェで猫に触れたり、遊んでみたりしてほしいです。

猫によって遊び方、反応が違います。それを楽しんでほしいです。

次に、外猫もみてほしいです。

眺めるだけでいいです。猫の動きを観察してみて下さい。

最後に、だんだん猫ってカワイイな・・・飼いたいな・・・って気持ちになってくると思います。

そしたら、動物保護団体、保健所などに相談して、まずは問い合わせしてみて下さい。

きっと、アナタに合う子に出会うことができるでしょう♡

どうですか?

最後まで読んで気持ちの変化があったらコメントお待ちしております。

読んでくださった方に感謝します。

ありがとうございました。

なーに?ノ猫?ノラ猫?イエ猫?

どうやって見分けるんだ!どう見ても猫は猫だろ?」

最近、よく耳にする「さくらねこ」「耳カット」「地域猫」「避妊去勢手術」。

昔はそんな言葉がありませんでした。

こういうことをしなければならないのでしょうか。

人間からの猫への「虐待」、「遺棄」、「捨て猫」があるからです。

今もずっとボランティア団体、もしくは個人の方々が一所懸命に活動しています。猫が増えて近隣住民へ被害が出ていたり、車に轢かれて亡くなる不幸な猫がいます。

出来ればそんな姿は見たくないでしょう。

久留米市だけでもたくさんの団体もしくは個人で活動している方はたくさんいらっしゃいます。

どうかその方達へエールを送ってあげてください。自分の生活を犠牲にしてまでやっているのです。活動している人たちは、胸が苦しくてたまらないのです。

もし良かったら、一緒にサポートもしくはボランティア活動に参加して猫の現実を見てほしいです。

まずは「野良猫の現実を見て、触れて、知ってほしい」。

[引用] 子猫のへや をご覧下さい。

最後まで読んでくださった方に幸せがとどきますように…

またね〜✋

アーティストと猫ボランティア。

私は、アーティストと猫のボランティアの二つの顔を持つ、「にゃーティスト」。

これから、アーティストとボランティアについて 学んだことや気づいたことをゆるく、たまに更新していきます。ですので、皆さんもたまーに、ゆるーく、覗いていただけたら嬉しいです。コメントも一言でも一文字でもいいので書いてくださったらお返事します。

それでは、「にゃーティスト」よろしくお願いします。